• ホーム >
  • 資格更新制度の目的と概要:「学び続ける」ということ

資格更新制度の目的と概要:「学び続ける」ということ

2014.12.03

141203

みなさんこんにちは。事務局のサチです。

先日、JaSCAの公式Twitterに、「更新制度の目的や必要なものなどについて、まとめてあるページはありますか?」とお問い合わせをいただきました。更新の詳細については、対象者に向けてメールで発信はしておりましたが、公開されているものとしてはごくごく簡単な情報のみでした。

今日は、なぜ認定病児保育スペシャリスト資格が「更新制度」をとっているのか、またどんな風に「更新手続き」を行っているのか、お伝えしたいと思います。

資格更新制度の目的について

認定病児保育スペシャリストは、病児保育とその周辺に関する最新の知識及び情報を身に付け、病児保育施設、訪問型病児保育、保育所、ベビーシッター、ファミリーサポートなど幅広い場で活躍することが期待されます。

保育・子育て支援関連市場が日々変化するなか、常に最新の知識と能力を以って「病児保育」が提供できるよう、継続的に知識や技能の維持・向上に努める必要があります。

このため、認定病児保育スペシャリスト資格は「一度認定されたら終わり」の資格ではなく、1年毎の資格更新制を採択しています。

 

継続学習のための機会提供

認定者に向けては、年間を通じ、「主体的に学ぶ場」「共に学ぶ場」を提供し、効果的な継続学習が行えるよう支援します。

(例)

・認定者コミュニティの運営
・認定者限定セミナーの運営
・病児保育および保育に関する情報提供
・資格認定試験の試験官および補佐の参画機会の提供

 

更新制度の概要 (2017年3月1日現在)

1.更新条件

資格更新条件は、以下の2点で構成されています。

1)当協会の更新手続きを完了したもの
2)更新料(税別 5,000円)の払い込み

2.資格の有効期間と更新の時期

資格の有効期間は、認定日から1年間です。
・7月認定試験での認定者 : 7月31日が資格有効期間の満了日
・1月認定試験での認定者 : 1月31日が資格有効期間の満了日

 

3.資格の失効

以下の場合には資格は失効となります。
1)更新期間内に当協会の定める更新手続きを完了しなかった場合
2)更新料を支払わなかった場合

 

学ぶための環境について

資格の更新手続きについて、お伝えしてきました。
あらためて「学び続ける」ということを考えてみると、

学生のころは、中間テストがあって、期末テストがあって・・・学期ごとに「通知表」の形で評価を受けていました。こういった「節目」があると、学び続けるのは比較的容易ですが、大人になり社会に出ると、こういった節目から解き放たれ、途端に「学び続ける」ことのハードルがあがるように感じます。

「学びのための動機」「学ぶための仕組み」そして「ともに学ぶ仲間」。

学生の時に揃っていた「学びの環境」を、認定病児保育スペシャリスト資格は「更新制度」と「認定者のコミュニティ」といった形で、提供していきます。認定病児保育スペシャリストとしての認定は「ゴール」ではなく、「スタート」だと捉え、認定者同士がつながり刺激し合い、「学び続け、進化し続ける」ことを目指しています。

JaSCA事務局スタッフ一同も、共に学び、そして認定者の学びを支援する存在でありたいと思っています。

わかりづらい点などありましたら遠慮なくおたずねください!

関連キーワード: , , ,




  • スタッフブログ
  • 合格者の声
資格取得のために申し込み
お申し込みに不安がある方は
  • 今なら無料で講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら
  • 認定病児保育スペシャリスト公式テキスト発売中 くわしくはこちら
  • 保育スキルアップ・オープンセミナー(無料)を実施中 くわしくはこちら
  • よくある質問
  • お問い合せ
  • メールニュースに登録

ページトップへ