• ホーム >
  • 【西日本初!】指定校制度で10名の認定者が誕生!

【西日本初!】指定校制度で10名の認定者が誕生!

2015.03.10

150310奈良文化

当協会では、保育士養成校において「認定病児保育スペシャリスト」資格を付与する制度を設けております。
この制度では、保育士としてのカリキュラムに加えて当協会の指定するカリキュラムを受講し、修了試験に合格することが認定条件となっています。

子どもの発熱や体調不良の多くは保育所や幼稚園で発生します。
病児・病後児保育事業に就職する場合のみならず、保育士や幼稚園教諭として勤務する場合にも、突然の発熱や発疹等への対応できるスキルが身に付いていることは、大きくプラスとなります。

主に健康な子どもを保育するプロフェッショナル資格である「保育士」に加えて、軽い病気や発熱時の子どもに対応するための資格である「認定病児保育スペシャリスト」を持った保育士が誕生し、各現場に羽ばたいています。

03受講生データ
(指定校ご案内資料より抜粋。クリックして拡大できます)

今年度より本制度を導入いただいた奈良学園大学奈良文化女子短期大学部様では、3月15日の卒業と同時に10名の方が認定病児保育スペシャリストとして認定されます。
西日本で初の指定校認定者として、広くご活躍されることを祈念いたします!

masking_tape06

▼指定校制度の導入に関するお問い合わせ・資料のご請求はこちらから
お問い合わせ・資料請求フォーム
03-3239-5558 担当:斉藤

masking_tape06

関連キーワード: ,




  • スタッフブログ
  • 合格者の声
資格取得のために申し込み
お申し込みに不安がある方は
  • 今なら無料で講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら
  • 認定病児保育スペシャリスト公式テキスト発売中 くわしくはこちら
  • 保育スキルアップ・オープンセミナー(無料)を実施中 くわしくはこちら
  • よくある質問
  • お問い合せ
  • メールニュースに登録

ページトップへ