• ホーム >
  • 今年は流行が早いかも!?夏の感染症まとめ

今年は流行が早いかも!?夏の感染症まとめ

2016.06.02

3分でわかる認定病児保育スペシャリスト

6月に入り、本格的な夏が近づいてきました。
5月に全国各地で気温30℃以上の真夏日を記録するなど、今年の夏は厳しい暑さが予想されます。

暑さもそうですが、やっぱり気になるのは、手足口病・プール熱など子どもの「夏の感染症」。

早い時期から気温の高い日が続くと、感染症の流行時期が早まる可能性もあります。

このタイミングで「夏の感染症」について改めて確認してみましょう。

 

160602

 

「手足口病」「ヘルパンギーナ」・・・6~7月がピーク

症状が似ている「手足口病」と「ヘルパンギーナ」。もちろん違いがあります。
どちらも一度罹患していても、再び罹患することもあるので注意が必要です。

【これを見ておけば大丈夫!】いま大流行の手足口病とは!?

【手足口病との違いは?】ヘルパンギーナを知ろう!

 

「プール熱(アデノウイルス感染症/咽頭結膜熱)」・・・7~8月がピーク

プール熱という名前に騙されがちですが、要はアデノウイルスによる感染症で、プールに入っていなくとも感染します。
高熱が数日続くため、子どもにとってもつらい病気となります。

咽頭結膜熱、いわゆる「プール熱」のすべて!

 

「水ぼうそう(水痘)」・・・7月までがピーク

2014年からワクチンの無料・定期接種が開始されたため、流行の抑制と重症化を防げるようになりましたが、感染を100%防げるわけではありません。

【5分で読める!水ぼうそう3つのポイント】

 

「伝染性膿痂疹(とびひ)」・・・7~8月がピーク

あまり知られていませんが、とびひには2種類あり、発症しやすい年齢や流行時期が違います。

【初夏に増加する子どもの「とびひ」】

 

まずは感染予防から!

どの感染症も、対策は「手洗い・うがい」などの基本の感染予防が重要です。
感染予防や手洗いのポイントを復習しておきましょう!

【保存版】子どもの病気・感染予防のためのたった3つのポイント

【感染経路を断ち切る手洗い】第4回資格認定試験のポイントと解説①(「感染予防」より)

 

年間を通した感染症の流行時期はこちらでチェック!

いつ!?どんな病気にかかる!?子どもに多い病気の年間カレンダー

関連キーワード: ,




3分でわかる認定病児保育スペシャリスト



  • スタッフブログ
  • 合格者の声
資格取得のために申し込み
お申し込みに不安がある方は
  • 今なら無料で講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら
  • 認定病児保育スペシャリスト公式テキスト発売中 くわしくはこちら
  • 保育スキルアップ・オープンセミナー(無料)を実施中 くわしくはこちら
  • よくある質問
  • お問い合せ
  • メールニュースに登録

ページトップへ