• ホーム >
  • 【今年も7月末は要注意】いま大流行の手足口病とは?

【今年も7月末は要注意】いま大流行の手足口病とは?

2017.07.21

3分でわかる認定病児保育スペシャリスト

この7月、東京都をはじめ全国各地の都道府県で「手足口病」の流行警報が発令されています。
近年では2013年、2015年の7月に続き、手足口病は1年おきに流行していることがわかります。

▼手足口病が流行、都内で警報基準を超える
・2017年
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/07/13/14.html

・2015年
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/07/20p79300.htm

・2013年
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/07/20n7b400.htm

東京都での定点当たり報告数は4.18人(第27週)→6.91人(第28週 7月10日~7月16日)と大幅に増えています。

※定点当たり報告数とは、簡潔に言えば、1医療機関当たりのその病気の報告件数のことです。
(手足口病の流行警報開始基準は5人です)。

手足口病(東京都感染症情報センター)_170721
出典:東京都感染症情報センター

2013年、2015年は7月末が流行拡大のピークでした。東京都感染症情報センターのグラフの推移をみても、報告件数そのもの、週ごとの増え方も今年は2013年、2015年と同じ傾向にあります。
今年も油断できません。

「手足口病なんてよく聞く病気だし、子どもの病気だから大したことないんじゃないの?」だなんて、そこのあなた。

後述しますが、手足口病の原因となるウイルスは1種類ではないので、子どもの時に罹患していたとしても、大人になってから再び罹患することもあります。
また、98年の台湾では、手足口病で急性脳炎を併発した小児が78人死亡したというデータもあり、決してあなどれない病気です。

 

~この記事の目次~

☆手足口病の症状
☆手足口病の原因ウイルス
☆手足口病の感染経路
☆手足口病の感染期間
☆手足口病のケア

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

手足口病の画像

手足口病 写真
写真出典:大阪府立公衆衛生研究所 大阪府感染症情報センター

 

 

手足口病の症状

手足口病という名の通り、口の中、手のひら、足の裏などに発疹や水疱が出ますが、いま流行しているものはお尻など全身にブツブツが広がることがあります。潜伏期間は3~6日で、熱は37~38℃程度で、発熱しない場合もあります。1~3日で解熱しますが、まれに脳炎を伴った重症例もあります。

 

手足口病の原因ウイルス

コクサッキーウイルスA群や、エンテロウイルス71型などであり、原因となるウイルスは多種多様です。

中でも、従来は主にコクサッキーウイルスA16(CA16)やエンテロウイルス71(EV71)が原因ウイルスとなっていましたが、
2011年の流行時にはコクサッキーウイルスA6(CA6)が過半数を占め、「新型手足口病」が取り沙汰されました。そして、2013年・2015年の流行時もこのコクサッキーウイルスA6(CA6)による発症例が多く見られました。

従来と流行年との原因ウイルスの違いにより、症状にも違いが出ています。

【従来】

コクサッキーウイルスA16や
エンテロウイルス71

【2011年以降の流行時】

コクサッキーウイルスA6

熱の様子

高熱が出ることは殆どない
発熱しないこともある

発症初期に39℃近い高熱が生じることが多い

発疹の様子

四肢末端に発疹が出る

例年よりも大きな発疹手のひら・足の裏の発疹は少なく広範囲に現れる

これまでは子どもの病気として認識されていましたが、新たな原因ウイルスが出現したりと、大人でも重症化例が出る可能性があるといわれています。
また、発疹の様子から、水痘(水ぼうそう)との見分けが難しいケースもあります。

 

 

手足口病の感染経路

飛沫感染、接触感染、糞口感染(糞便から排出されたウイルスにより口を通して感染すること)により感染が拡大するので以下に注意します。

●こまめな手洗い
●咳やくしゃみをする時には口と鼻をティッシュ等でおおう(またはマスクをする)
●(集団生活では)タオルの共用を避ける
●おむつ交換も注意深く行う

感染力が強く、病児保育施設では隔離させることが望ましいです。ただし、麻疹や水ぼうそうが「出席停止」となるのに対し、手足口病は「出席停止」とはなりません。しかしながら、登園の目安はかかりつけ医の診断に従い、登園届に保護者が記入し提出します。

 

 

手足口病の感染期間

症状がおさまった後でも、呼吸器からは1~2週間、便からは2週間~4週間、ときには数ヵ月間ウイルスが排出されることがあるので注意しましょう。便の取り扱いには、使い捨て手袋を使用しましょう。

 

 

手足口病のケア

残念ながら手足口病には「この薬を飲めば治る!」というような、特効薬はありません。

薬を飲むとしても、痛みを和らげる鎮痛剤などのみです。ケアをしつつ、自然に治癒するのを待ちましょう。

脱水症状にはくれぐれも注意しましょう。

口の中の発疹が痛むために、食事や水分を取りたがらなくなることがありますので、脱水症状を起こさないよう十分な水分補給を行い、柔らかく刺激の少ない食事を用意しましょう。

かゆみを伴うので、部屋を暖め過ぎないように、また直射日光を浴びないようにしましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

夏かぜトリオとも言える、「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」。
当協会の資格取得web講座でも、この3つは代表的な子どもの病気の中で取り上げています。

※手足口病以外にも、JaSCAでは子どもの代表的な感染症など病児保育に関する情報を豊富に掲載しているので、ぜひご覧になってください!

 

関連キーワード: , ,




3分でわかる認定病児保育スペシャリスト



  • スタッフブログ
  • 合格者の声
資格取得のために申し込み
お申し込みに不安がある方は
  • 今なら無料で講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら
  • 認定病児保育スペシャリスト公式テキスト発売中 くわしくはこちら
  • 保育スキルアップ・オープンセミナー(無料)を実施中 くわしくはこちら
  • よくある質問
  • お問い合せ
  • メールニュースに登録

ページトップへ