• ホーム >
  • 【認定者インタビュー】「子育て経験を活かして訪問型病児保育の仕事に挑戦!」

【認定者インタビュー】「子育て経験を活かして訪問型病児保育の仕事に挑戦!」

2017.10.30

 

今回は、福岡で訪問型病児保育スタッフとしてご活躍中の南里さんにお話をお聞きしました。1対1の訪問型病児保育ならではの大変さと喜び、自身のステップアップのための学びなどについて話を伺いました。

事業内保育園での南里さん

事業内保育園での南里さん

 子育て経験を活かせる仕事としての病児保育

ーーー訪問型病児保育の仕事を始めて3年ということですが、病児保育のお仕事を始めようと思ったきっかけを教えてください。

子育てがひと段落した時に、子どもに関わる仕事がしたいと思い始めました。福祉系の学校を卒業したので介護系の資格はありましたが、保育士の資格はなく、「子育ての経験を活かしてお仕事しませんか」と募集していた現在の職場『派遣型病児保育 スタンドバイ』(*1)を見つけ応募しました。

 

ーーー病児保育というと施設で預かる場合とご自宅預かる場合がありますが、福岡で訪問型の病児保育されているスタンドバイさんはどのような職場ですか。

スタンドバイは保育園を3ヶ所運営していた事業者の代表が、在園児の母親がこどもの病気で欠勤が続き退職に追い込まれ涙ながらに退園するのを見て、「能力ややる気があるにも関わらず、子育て中ということだけで採用の段階からマイナス要因となってしまっているのは社会的損失ではないか?」「その子を看病してくれる人がいる。それさえ解決できれば、働くお母さんにとっても雇用側にとってもとても助かることになり、少子高齢化問題にも大きく貢献できるのではないか」と考えて立ち上げた訪問型(自宅型)の病児保育事業所です。キーパーとよばれる病児保育スタッフは、保育士・看護師・ホームヘルパーの資格者だけではなく、10年以上の育児経験者がいます。

*1 「訪問型病児保育スタンドバイ」HP   http://byoujihoiku-standby.com/kojin.html#kojin01

 

 受講のきっかけとスキルアップのための学びについて

ーーー1人で病気のお子さんを保育するということで不安に思うことはなかったですか?

現在の会社に勤めて間もないころ、高熱(41℃後半)のお子様をお預かりしました。
熱性痙攣をおこさないか?急変した際に一人で落ち着いて対応できるか?
とても不安になり、「もっと知識がほしい」そう思ったのが認定病児保育スペシャリストの資格を取得するきっかけとなりました。

 

ーーー病児保育について学び始めてから、気持ちや考えに変化はありましたか?

自信がつきました。感染経路を知ることで自分の身を守ることができ、感染してしまうのでは、という不安も減りました。

 

ーーー認定病児保育スペシャリスト資格を学んだ中で、現在のお仕事(訪問型病児保育事業)で役立った事例はありますか?資格取得したことがプラスになっていることはありますか?

熱性痙攣の際もまったく慌てることなく、対応できました。3分たっても痙攣がおさまらなかったので救急搬送となりましたが、時間、観察すべき点等、しっかり伝えられたのは、講座で学んでいたからです。ご両親にも大変感謝されました。

他のスタッフには保育士資格、看護資格、ヘルパー資格を持っている方がいますが、保育中、実際にお子さんに痙攣が起きた時どうしたらよいか、ちゃんと対応できるか不安だという声も聞きます。

この講座の認定試験は実技、口頭試験です。受験の時はとても緊張しましたが、いつ目の前のお子さんが急変するかわからない現場の仕事をする中で、あの試験を受けて合格したという経験は自信になっていると思います。

 

ーーー会社内での研修はどのようにされていますか?

新人研修は認定病児保育スペシャリスト試験公式テキストを使用して学んでいます。

スタンドバイ研修

その他、毎月1回、スタッフミーティングのなかで、実際にあった様々なケースを共有し、より良い保育になるよう考えます。年に1、2回、救急救命講習も行います。私は病児保育スペシャリストとして以前新人研修の講師を担当したことがあります。
私自身常に学び続ける必要を感じ、会社の研修以外に日本病児保育協会からの情報や更新の機会を通じて学んだり、個人的に傾聴を学んでいます。
保護者様との短時間の引き継ぎで、信頼関係を作る際に、「傾聴」のスキルはとても生きていると思っています。今は病児保育以外の場所で「傾聴講座」の講師をしていますが、いつか会社の研修でもできたらと思っています。

 

 

訪問型の病児保育について、福岡の病児保育について

ーーー1対1の訪問型の病児保育で良かったことや困ったことはありましたか?

病児保育施設に勤めたことがないため比べることはできませんが、ご自宅での保育はお子様の慣れた場所、お気に入りのおもちゃ、絵本があり、落ち着いて過ごせるのではないかと思います。お昼寝もスムーズです。

訪問型病児保育の場合は、施設型と違い保護者にかわって小児科を受診することが多くあります。
保護者からの連絡票を持参しているにも関わらず、病院によっては「保護者でないと処置ができない、薬の処方ができない」と言われて困ったことがあります。

 

ーーー福岡県の病児保育事情を教えていただけますか。

私が病児保育の仕事を始めた頃は、まだ病児保育を行っている所は少なかったのですが、ここ最近小児科併設の病児保育施設が新設されたりと、数は増えてきているように思います。(*2)

*2福岡県 病児保育施設 74ヶ所 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/hoikushotoitiran.html

訪問型病児保育 5社

 

ーーー福岡県では近くにご両親の親御さんがいらしてお孫さんを預かるということはないのですか?

私たちは、福岡市以外のエリアもカバーしていて、お近くにご両親の親御さんがいらしたり、同居されているご家庭もあります。でも高齢の親御さんにお子さんの病気が感染しないようにとか、一日親御さんに預けるのは難しいとか、やはり病児保育のプロに任せたいということで保育の依頼があります。
信頼して任せていただけているなと感じることがあります。親御さんから感謝の気持ちを伝えられる時にこの仕事のやりがいを感じます。

 

ーーーこれから病児保育を学んでみようと考えている方、これから認定病児保育スペシャリストを目指す人へ一言お願いします。

病児保育事業に従事する方に限らず、保育現場にも、あって困らない知識だと思います。1人でも多くの方が学び、社会を支える仲間が増えることを期待します。

 

ーーーどうもありがとうございました。

 

 

認定病児保育スペシャリスト資格は、今回の認定者南里さんのように子育てを終えてその経験を仕事に活かしていきたいとお考えの方や病児保育施設、体調を崩した子を保護者の方が迎えにくるまでお預かりする保育所、病児のお預かりも行うベビーシッターなどさまざまな場でのみなさんの活躍を支えます!

▼詳しくはこちら
http://sickchild-care.jp/specialist/#sec03_02

▼最新情報をお伝えするメールニュースの登録はこちらから
http://sickchild-care.jp/mail/

▼過去の病児保育レポートはこちらから
http://sickchild-care.jp/category/report/

▼Facebookでも情報発信中!
http://www.facebook.com/JaSCA0918

▼「認定病児保育スペシャリスト」資格取得web講座の申し込みはこちら!
http://sickchild-care.jp/before/

関連キーワード: , , , ,




  • スタッフブログ
  • 合格者の声
資格取得のために申し込み
お申し込みに不安がある方は
  • 今なら無料で講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら
  • 認定病児保育スペシャリスト公式テキスト発売中 くわしくはこちら
  • 保育スキルアップ・オープンセミナー(無料)を実施中 くわしくはこちら
  • よくある質問
  • お問い合せ
  • メールニュースに登録

ページトップへ