• ホーム >
  • JaSCA事務局スタッフのしのです【自己紹介】

JaSCA事務局スタッフのしのです【自己紹介】

2014.10.23

篠12

はじめまして。
JaSCA事務局のしのです。
事務局の他のメンバー同様、自己紹介をさせていただきます。
8月にインターンとして入社したばかりですので、みなさんに少しでも知っていただけたら嬉しいです♪

Q1

篠8

子どももいない、まだ学生の私がどうしてJaSCAでインターン?と思われる方も多いかと思います。
私の病児保育との出会いは、病児保育を実際に利用して、などの実体験によるものではなく、きっかけは2つの出来事でした。

♪JaSCA理事長駒崎の新聞記事との出会い
とにかく衝撃を受けました。というのも駒崎は私と同じ年齢で病児保育事業の立ち上げを決め、行動していたのです。
とても興味を持ち、駒崎の著書「社会を変える」を仕事にするを読むと、そこには駒崎の「普通」の大学生としての一面も描かれていました。
同年代で自分の疑問に向かってこんなにまっすぐ行動を起こしている人がいる。しかも一見普通の大学生が。
とても衝撃的でした。

♪親と子の幸せな関係
私にとって、親からもらってきた「愛情」は何事にも代えがたい「自信」となって私をいつも支えてくれていました。
親子の良好な関係の重要性を感じていましたが、その親子の良好な関係を築くことを難しくしている問題があることもまた感じていました。

この2つのきっかけが重なり、病児保育さらにはJaSCAと出会うことになりました。

Q2

篠10

私は現在6ヶ月間のインターンとしてJaSCAで働いています。
主な役割としては「認定病児保育スペシャリストのみなさまが互いに繋がり、学び会える場を提供していく」ことです。

現在認定者の方は100名程ですが、関東圏のみならず、全国から受講し資格を取得してくださっています。
全国で病児保育の担い手が増えていってくださることに感動しつつも、認定者が全国に散らばっていることで、なかなか資格取得後にスキルアップをしていくことが難しかったり、悩みを共有できる相手がいなかったり、という課題も見えてきました。
そこで、認定者の方々が資格取得後も新たな発見を持ち、学び続けられるような場を提供すべく、現在奔走しています。

Q3

篠9

趣味、というより最近はまっていることは、海外発のおもしろスポーツです♪
みなさん「バブルサッカー」や「カラーラン」は知っていますか?
バブルサッカーは北欧うまれ、カラーランは北米生まれのスポーツと遊びを組み合わせた新しいおもしろスポーツです。
体を動かすことが好きな方や、スポーツは苦手だけど友達と盛り上がれるイベントに参加したいという方はぜひぜひチェックしてみたください!
休日は友達とこういったイベントに参加したり、愛犬・愛猫とまったり家ですごしたりしています(^O^)

みなさまにより近い距離でJaSCAを感じていただけるようブログを更新していきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いします。





ページトップへ