• ホーム >
  • 思い出がよみがえる瞬間

思い出がよみがえる瞬間

2016.02.04

160204

 

こんにちは。スタッフのうけです。

自分が小さい頃の記憶って、思い出そうとしても普段ほとんど思い出せないのですが、
意図せぬ瞬間にぶわっとよみがえることがあります。

この1年で、僕は2度、実家のある九州に帰省しました。
目的は祖父母の法要。

祖父母にとって初孫だった自分は、
それはそれは可愛がってもらったそうですが、
高校生くらいからでしょうか、大人に近づくにつれ、性格が合わない点が多く、
正直疎ましく思っていました。

ところが、祖父母の死に直面したとき、
まったく意図せず、思い出が走馬灯のように蘇ってきたのです。

よく一緒に県外の遊園地に行ったこと
野球が好きで、いつも前のめりになりながらテレビを見ていたこと
僕がおいしいと言った料理が毎回食卓に出てくること
僕を怖がらすために創りあげていた架空の妖怪の話
部活の応援によく来てくれていたこと

正直疎ましく思っていたのに、
ほとんど記憶の片隅に消えていたはずなのに、
溢れてくるのは、「楽しかった」「うれしかった」思い出ばかり。

涙が止まらないのに、口だけは微笑をうかべてしまう、
そんな不思議な感情でした。

僕はまた、人生の思いがけない瞬間に祖父母との記憶を思い出すのでしょう。

そして、自分に子どもが生まれたとき、
その子が大人になったとき、
思い出せるシーンをいっぱいつくってあげられる。
そんな子育てをしていきたいと思います。

関連キーワード:




  • スタッフブログ
  • 合格者の声
資格取得のために申し込み
お申し込みに不安がある方は
  • 今なら無料で講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら
  • 認定病児保育スペシャリスト公式テキスト発売中 くわしくはこちら
  • 保育スキルアップ・オープンセミナー(無料)を実施中 くわしくはこちら
  • よくある質問
  • お問い合せ
  • メールニュースに登録

ページトップへ