認定病児保育スペシャリストに合格された方の喜びの声をご紹介します。
病児保育で働くの方の声を紹介しています。タブを切り替えると、別のカテゴリをご覧いただけます。

天野奈保さん

神奈川県

30代

施設型

「病児保育には保育とは違った知識が必要であると感じました」

ママンプール開設後、大きな問題はなく運営していましたが、病児保育に携わっているうちに、病児保育には保育と違った知識が必要なのではと感じるようになりました。
学んだ知識を現場で共有したり、テキストを事例集としても活用しています。

天野奈保さんに、聞いてみよう

1. 資格を取得しようと思ったきっかけを教えて下さい

病児保育には保育と違った知識が必要なのではと感じるようになり、認定病児保育スペシャリスト資格を学ぼうと思いました。

2. web講座で学んだことが、実際の業務で役だった場面はありましたか?

一番大きかったことは、病気の子だから、いつまでも寝かせておけばいいというものではないことが学べたことです。その他にも、さまざまな病例と、その対応方法が学べたことも大きいです。

3. web講座で学んだことをどのように活かしていきたいですか?

この資格を学んだことを現場で共有していきたいと考えています。

4. 資格取得について、職場の人は知っていましたか?

はい、周りの方が、「勉強はどう?」といったり励ましてくれました(笑)

5. web講座ではどのように学習していましたか?

基本的には時間があるときに30分~1時間くらい、web講座とテキストを併用して学習しました。
認定試験に関しては、3週間前くらいから、本格的にやるぞ!とスイッチを入れ、集中して勉強しました。

6. これから認定を目指す方に何か伝えたいことなどはありますか?

認定病児保育スペシャリスト資格という目標を持つことで、日々が充実すると思います。楽しんで自分のペースで学んでください。
また、保育士の資格はないけど、子どもにかかわる仕事をしたい方にとってはおすすめできる資格だと思います。

  天野さんがお勤めのママンプールの取材記事はこちら
  天野さんのインタビュー記事はこちら

そのほかの認定者の声も聞いてみたよ

病児保育で働く人 保育で働く人 その他

お申込みに関してはこちらを見てね

お申し込みに不安がある方は

よくある質問

お問い合わせ

無料web講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら

ページトップへ