認定病児保育スペシャリストに合格された方の喜びの声をご紹介します。
病児保育で働くの方の声を紹介しています。タブを切り替えると、別のカテゴリをご覧いただけます。

M.Tさん

奈良県

30代

施設型

~病児保育の知識を学ぶことで、視野が広くなり自信につながると思いました~

病児保育施設で園長として働くことになり、「働くお父さん、お母さんの力になれる」と嬉しい気持ちでいっぱいでしたが、開園当初は、入れ替わり立ち代わりに登園してくる園児の対応に追われる毎日でした。

我が子もそうでしたが、子どもは病気中でも遊びたい気持ちが先立って、安静にばかりしているわけにはいかず、病気の子どもに適した遊びの工夫に頭を悩ませたこともありました。
保育士とともに試行錯誤で毎日をやり過ごし、他の病児保育施設は、どうされているのかと調べる中で、認定病児保育スペシャリストの資格を見つけました。

この資格を目標において勉強することで、病児保育をもっと深く知ることが出来るのではないかと思いました。

M.Tさんに、聞いてみよう

1. 資格を取得しようと思ったきっかけを教えて下さい

看護師及び保育士で足りない病児保育の知識を学ぶことで、視野が広くなり自信につながると思い資格を取得しようと思いました。

2. web講座で学んだことが、実際の業務で役だった場面はありましたか?

個々に応じた室内遊びの工夫が出来るようになりました。

3. 資格をとる前ととった後で周りの方の反応など、なにか変化はありましたか?

資格取得前に行っていた病児保育に対して、正しいこと、間違っていることを見極めることが出来た結果、自信を持って病児の保育が出来るようになりました。

4. 資格取得について、職場の人は知っていましたか?

はい、周りの人も知っていました。

5. これから認定を目指す方に何か伝えたいことなどはありますか?

子どもは必ず病気をするものですので、これからの社会で、病児保育の知識は必ず役立つと思います。
自分の子どもを育児する中でも役立つことが多いので学習して損はないと思います。
web講座では、仕事や育児をしながら自分のペースで学習が出来るのでお勧めします。

そのほかの認定者の声も聞いてみたよ

病児保育で働く人 保育で働く人 その他

ページトップへ