認定病児保育スペシャリストに合格された方の喜びの声をご紹介します。
その他の方の声を紹介しています。タブを切り替えると、別のカテゴリをご覧いただけます。

藤井 恵美子さん

埼玉県

50代

その他

1人でやっているけど1人じゃない、安心して学べました

資格を取得した事で、自分の自信に繋がりました。きちんと知識を得たことや資格を取得した事で、自分も安心できましたし、親御さんにも安心してアドバイスできるようになりました。 1次試験の勉強の時にとったノートは、今でも見返しています。

藤井恵美子さんに、聞いてみよう

1. 資格を取得しようと思ったきっかけを教えて下さい

小児病棟の看護助手の仕事を始めたことがきっかけです。以前は保育園の保育士を勤めていましたが、小児病棟では保育園の子とはかかわり方が違うのでは、という戸惑いがあったため、資格取得を通じて勉強をしたいと思いました。

2. web講座で学んだことが、実際の業務で役だった場面はありましたか?

感染予防については、おむつ交換や食事介助の際や院内への持ち込みなど、より意識するようになりました。 食事介助も、以前は「いっぱい食べて元気になって」と思っていたのですが、食べたいものを食べたいだけ食べられれば大丈夫、その日は食べたくなかったら水分補給を心がけてあげれば大丈夫、ということを学び、実践しています。 また、遊びについても、ベッドの上では絵本を中心にしてあげたり、元気になってプレイルームに行ける時にも静の遊びを意識するようになるなど、学んだことを意識する場面は度々あります。

3. web講座で学んだことをどのように活かしていきたいですか?

今後、身近にも病児保育室を作る動きがあるようなので、そこに活かしていけたらな、と思っています。

4. 資格取得について、職場の人は知っていましたか?

はい 知っていました。「どういう事を勉強するの?」と興味をもってくれたり、「学んだこと教えてね」と期待もしてくれていました。同年代の人には、「また勉強するの?すごいね!刺激になるわ」と言って もらいました(笑)

5. web講座ではどのように学習していましたか?

最初にテキストを読んで、動画を見て、小テストをやって…というのをほぼ毎日繰り返して。1日20~30分くらい勉強しました。
1次試験は最初時間切れになってしまい合格には届かなかったんです。まさか100問を60分で間に合わないとは思わなくて…甘く見てしまっていました。再受験にむけては、がむしゃらにノートに書いて小テストを繰り返して…と勉強しました。その時のノートは今も時々見返しています。

6. これから認定を目指す方に何か伝えたいことなどはありますか?

この講座を受けようとした人は、実際の現場の人か、そういう現場を求めている人かと思います。勉強をすることで安心できたり、自分の幅が広がっていくので、ぜひ挑戦してほしいと思います。 あと、web講座ということで、一人で黙々とやるのは不安になってしまうこともあります。でも、事務局にメールで問い合わせると、一つ一つすぐに答えてくれて、一人じゃないんだ、と安心できました。

そのほかの認定者の声も聞いてみたよ

病児保育で働く人 保育で働く人 その他

お申込みに関してはこちらを見てね

お申し込みに不安がある方は

よくある質問

お問い合わせ

無料web講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら

ページトップへ