認定病児保育スペシャリストに合格された方の喜びの声をご紹介します。
病児保育で働くの方の声を紹介しています。タブを切り替えると、別のカテゴリをご覧いただけます。

小林敦子さん

埼玉県

50代

訪問型

~「学んだことはムダにはなりません」病児保育の就職と共にweb講座を始めた小林さん~

今の病児保育の仕事に就いた時にこの資格のことを知り、新しい仕事を始めたついでに新しいことにも挑戦してみよう!と勢いで始めました。
入社から2週間くらいの時でしたね。
認定試験に合格をしたことで、新しいことに挑戦する自信を持つことができ、世の中にはこんなものもあるんだなー、といろいろ見る余裕を持つことができるようになりました。

小林敦子さんに、聞いてみよう

1. 資格を取得しようと思ったきっかけを教えて下さい

入社した時に、病児保育の仕事は今までの保育の仕事とは違った面があると思いました。知らないがためにミスをしてしまうのなら、学ぶ事でミスを防げるように、と思いこの資格を学んでみようと思いました。知識はあって邪魔になることは無いと思うし、頭は固くなる一方なので(笑)、今のうちにやってみよう、と。この年になって今更勉強っていうのもどうかな?という思いもありましたが、新しいこと(病児保育の仕事)を始めたきっかけに「新しいことに挑戦してみようかな」という気持ちと、命を預かるんだ、という緊張感で申し込みました。

2. web講座で学んだことが、実際の業務で役だった場面はありましたか?

病児保育の心理についてはこのweb講座でしか学べないことで、実際に現場に出てみると「子どもとの信頼関係を築くのが大事なんだ」と確信を持つことができたり、「年齢別に対応することが必要なことなんだ」と実感することができました。漠然とわかっていたことが言葉になって説明されていたので証明された気にもなり、「勉強は無駄じゃない」と感じました。

3. web講座で学んだことをどのように活かしていきたいですか?

時々テキストを見かえしながら復習をして思い出したり、感染経路などを認識しながら保育を出来るようになりましたので、これからも活かしていきたいと思っています。

4. 資格をとる前ととった後で周りの方の反応など、なにか変化はありましたか?

新しいことに挑戦する自信がつきましたね。子どもの手が離れ、自分の事に時間が使えるようになったタイミングだったのですが、新しいことを始めるのもできるんだな、と気づけて、視野が広くなりました。今は仕事に手いっぱいで他に挑戦したいことはありませんが、また何かステップアップしていけるような勉強をしてみるのもいいかな、と思っています。

5. web講座ではどのように学習していましたか?

PCの調子が悪かったため、初めの2週間くらいはスマートフォンで動画を見て学んでいました。それからPCで小テストを初めて、1か月半くらい、短期集中で取り組みました。1次試験合格まではweb講座を中心に取り組んでいましたが、1次試験合格から認定試験までの間は、動画や小テストを見返しながら、テキストもじっくり読んで学びました。ちょうど講座で学んでいる間に赤十字の講習にも行ったんですが、その時も休憩中に動画を見て、心肺蘇生について復習をしていました。 日々仕事から帰ってきて寝る前にやっていました。やっているうちにのめりこんでしまって、あっという間に終わる予定の時間に。「じゃぁ次の日はもう少し早い時間から始めよう」とか、始める時間はまちまちでしたが、終わる時間を決めて1時間半くらい、日々やりました。勉強はノートに書きだしながらやりました。

6. これから認定を目指す方に何か伝えたいことなどはありますか?

勉強は無駄にならないので、病児保育にたずさわるのであれば、この資格での学びは活かせると思います。ぜひ挑戦してみてください!

そのほかの認定者の声も聞いてみたよ

病児保育で働く人 保育で働く人 その他

お申込みに関してはこちらを見てね

お申し込みに不安がある方は

よくある質問

お問い合わせ

無料web講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら

ページトップへ