認定病児保育スペシャリストに合格された方の喜びの声をご紹介します。
病児保育で働くの方の声を紹介しています。タブを切り替えると、別のカテゴリをご覧いただけます。

Y.Nさん

山口県

30代

施設型

病児保育の必要性をあらためて実感しました

働く保護者からのニーズが高い 病児保育施設が少しずつ増え、勤務先で保護者の方からも「助かります」と声をかけられることも多くなりました。
その反面、病児保育に関わる保育者の人数が足りていないのも現状だと思います。
実際に保育士の数や部屋が足りないために、お子さんをお預かりできないこともありました。
幅広い方が取得できる資格です。興味を持たれた方は、是非チャレンジしてほしいです。

Y.Nさんに、聞いてみよう

1. 資格を取得しようと思ったきっかけを教えて下さい

病児保育に勤務して5年目。スキルアップの為に取得しようと思いました。

2. 資格取得について、職場の人は知っていましたか?

自信がなかったので、合格してから伝えました(笑)

3. web講座ではどのように学習していましたか?

講座ごとに区切って、空いた時間に日々続けました。
目安は1日1講義。前半、後半に分かれている講義は、同じ日に学習するようにしていました。
小テストは100点になるまで何度もトライしていました。何度もできるところも良いと思います。

4. web講座で学べてよかったことは何でしたか?

働きながら、主婦をしながらでしたが、自分のペースでいつでも勉強できるところです。
パソコンにも、スマートフォンにも対応していますので、時には携帯で受講していました。
1つの講座も時間が長くないので学習しやすいですし、公式テキストは合格した後も見返すことができ、職場で大活躍です。

5. web講座で学んだことが、実際の業務で役だった場面はありましたか?

病気のことや子どものケアの事だけでなく、職員同士のコミュニケーションについて学べて良かったです。
施設型の病児保育に勤務しているので、アサーティブ・コミュニケーションが役に立ち、スムーズに業務できるようになりました。

6. web講座で学んだことを、どのようにいかしていきたいですか?

医師、看護師、保育士等、多種の職員同士で共有していきたいです。
また、このような資格があることを知人に知って頂けるよう話しています。

7. これから認定を目指す方に伝えたいことなどはありますか?

勉強できた事は決して無駄にはなりません。
病気や子どものケアの仕方だけでなく、保護者の方や職員同士とのコミュニケーションの取り方についても学べます。
今、このページを見られているということは病児保育に興味を持たれておられますので、是非頑張って取得していただきたいです。自信にもつながります。

そのほかの認定者の声も聞いてみたよ

病児保育で働く人 保育で働く人 その他

お申込みに関してはこちらを見てね

お申し込みに不安がある方は

よくある質問

お問い合わせ

無料web講座サンプルを視聴頂けます! くわしくはこちら

ページトップへ